About

2017年6月に横浜の下町に誕生したアート・センター「若葉町ウォーフ」では、アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手を対象にした「波止場のワークショップ」を開催します。このワークショップは、「若葉町ウォーフ」掲げる三つの基本理念、

SHARE(分かち合う)

NETWORKING(つながる)

TRANSBOUNDARY(越境する)

のもとに、アジア圏を中心に、いま生まれようとしているあらたな国際的な舞台芸術シーンを担う、次世代表現者の育成とネットワークづくりを目指す、20日間の滞在型の研修プログラムです。

実施期間:2018年8月29日(水)~9月17日(月)

会場:若葉町ウォーフ

募集対象:舞台芸術に関わる実演家(俳優、ダンサーなど/ジャンル、経験年数を問わず)

募集定員:海外 10名程度/国内 5名程度

(応募書類による選考をおこないます)

参加費:研修費(ドミトリー宿泊費を含む)30,000円 →1,800人民元/ 280米ドル

応募締切り:2018年6月30日(土)


Wakabacho Wharf, an art center founded in downtown Yokohama in June 2017, is holding “The Wharf Workshop” for uprising figures who will lead the future of Asian Performing Arts. Under Wakabacho Wharf’s three basic principles,

SHARE

NETWORKING

TRANSBOUNDARY

the “Wharf Workshop” is a 20 day residential program aimed towards training and creating a network of next-generation artists that will lead the international Performing Arts scene.

Period: 29thAug. ~ 17th Sep. 2018

Venue: Wakabacho Wharf

Calling for:Artists in the field of performing arts (actors, dancers, etc. / no restriction of genre or experience)

(There will be a selection process based on the submitted documents)

Fee for participation: Training fees (includes dormitory stay fee) JPY 30,000 / CNY 1,800 / USD 280

Deadline for Application: 30th Jul. 2018 


2017年6月,在横浜市小巷出生的艺术基地「WAKABACHO WHARF 若叶町码头剧院」,今夏开办「码头工作坊」。参与亚洲舞台艺术的人为对象,按以下3个理念为基础,

SHARE(共享)

NETWORKING(网络)

TRANSBOUNDARY(跨界)

培养负责亚洲为中心的新舞台艺术的人材,还要设立亚洲艺术家网络。共同住宿20天的进修项目。

期间:2018年8月29日(三)~9月17日(一)

地点:若叶町码头剧院

招生对象:参与舞台艺术的演员(戏剧演员、舞者等/不限定艺术种类、艺术年龄)

招生人数:国外 10名左右/国内 5名左右

(按报名材料评审)

费用:进修费(包括住宿费)30,000日元 →1,800人民币/ 280美元

报名期限:2018年6月30日(五)为止