「波止場のワークショップ」参加者募集のご案内

2017年6月に横浜の下町に誕生したアート・センター「若葉町ウォーフ」では、アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手を対象にした「波止場のワークショップ」を開催します。このワークショップは、「若葉町ウォーフ」掲げる三つの基本理念、 SHARE(分かち合う) NETWORKING(つながる) TRANSBOUNDARY(越境する) のもとに、アジア圏を中心に、いま生まれようとしているあらたな国際的な舞台芸術シーンを担う、次世代表現者の育成とネットワークづくりを目指す、20日間の滞在型の研修プログラムです。 実施期間:2018年8月29日(水)~9月17日(月) 会場:若葉町ウォーフ 募集対象:舞台芸術に関わる実演家(俳優、ダンサーなど/ジャンル、経験年数を問わず) 募集定員:海外 10名程度/国内 5名程度 (応募書類による選考をおこないます) 参加費:研修費(ドミトリー宿泊費を含む)30,000円 →1,800人民元/ 280米ドル *海外参加者については、参加費半額補助を検討中 応募締切り:2018年6月30日(火) 


参加希望の方は「申し込み様式」に記入の上、E-メールで送付して下さい

E-mail mail@kamomeza.net


参加申し込み様式

私は「波止場ワークショップ2018」への参加を希望します。 

氏名

日付 ( 男性 女性 無記入 )

生年月日

国籍

住所

連絡先(E-mail)

専門分野

経験年数

所属

言語

英語 ( できる 少し出来る 出来ない )

質問

要望

WHARF workshop

アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手 のための「波止場のワークショップ」 “The Wharf Workshop” for uprising figures who will lead the future of Asian Performing Arts 「码头工作坊」参与亚洲舞台艺术的人为对象

0コメント

  • 1000 / 1000