波止場のワークショップ記録④ 創作記録

前回から引き続き、2,3,4 の上演へとつながる創作のクラスについての記録です。

2019・7・30
【創作②】
毎度のように、まずはウォームアップをしていく。
☆ウォームアップ
今回の担当:シャオイによるエクササイズ
・呼吸のエクササイズ
・足が床に根を張っているイメージをもち、身体をゆすっていく。
・エネルギーのたまが自分のなかにあり、それを好きなように動かせるイメージで動く。
【ブラッシュアップ】
いままで、グループ創作でつくったシーンのブラッシュアップをしていく。
まずはグループ3から劇場で信さんとブラッシュアップ。
グループ8は上にいって、シャオイとブラッシュアップをしていく。
グループ4は3のサウンド。通す前まで、ウェイウェイ、グループ4はウェンミンがファシリテーターとして進めていく。

以下グループごとの記録↓

☆グループ3

最初からはじめ、所々とめながらブラッシュアップしていく。

・やりながら、どこか前回と違うところを作る。もっと慎重に即興性に耳を傾ける。
・起き上がり方をもっと抽象的に。
・他の人とのコンタクトはもっと確信を持って。基本的に、リアクションはしない。
・みんなが目覚めるまで、次の展開には進まない。みんな起きてから。
・「夢の世界と現実の世界の境界」という設定は少しわかりづらかった。


●イメージ
長い目覚めの時間。
それからみんなは目覚める。ある人は現実に、ある人は夢の中に、ある人は夢と現実の境界線に。目覚めると、自分はたった一人しかいないのだ、という気持ちになり、そこで、みん な静かに動いていく。 

・現実の世界が、見えているものをはっきりとし、自分がどこへ行くのか決めて、そこへ歩 き出す。なにかが見えた、と思ったら、そこで止まり、朝の支度をなにかひとつし始める。 動きをゆっくりとし、少し抽象的に。 

・夢の人が使える舞台上は、台から上手だけ。狭いけれど、本人たちは広々と感じている。 鳥だからといって、鳥の動きをする必要はない。 
鳥になるということはどういうことだろうか?自由であることか、それとも空高くいるこ とか、えさをつついていることか。まず鳥になったら、鳥のイメージを考える。それがはっ きり決まったら、わずかに自分の羽を広げ、そこでイメージを膨らませる。 

・ウェンミンは、現実と夢に分かれる人。静かに起き上がり、「やってきた人」になりゆっ くりと歩く。みんなはウェンミンの動きに気が付く。ストップモーションだったのを、少し ウェンミンを意識する(見なくてもいい) 


→やってみて
みんな動きが暗い。すごくつらい夢の中みたいなので、もっと呼吸を楽にしてみる。
夢の中にしては、動きがすこしリアルすぎる。
現実がやはりわかりづらい。
ウェンミンは台に沿って直線で歩いていく。

→やってみて
この詩は「最初の夜」であるので、もっと眠れない夜、とかにしたほうがいいかもしれない。
朝があけてしまうと、ちがう詩になってしまう。
つまり、現実の方は夜。夢の中の鳥たちは朝。
ウェンミンの、境界の間にいる人の役は、わかりづらいので、やはりなくす。ウェンミンは フリーで、どちらかに必ず行く。どちらに行くかは、ウェンミンが決める。 
そして、最後はまたみんなが眠るシーンにもどる。先に現実から眠りに落ちる。



グループ3はスタジオへ上がって、シャオイとブラッシュアップしていく。
グループ2がスタジオからおりてきて、次のグループ4のサウンド準備

☆グループ4

しばらく練習。その後一度通してやってみる。 



・少し要素が多い。最初の登場のところ、カーテンから転がるようにどっとでてくるのは面 白いが、もうすこしシンプルにしたほうがいい。始まりは壁の方をむいて、並んでいる。
そこから、振り向き、転がって出てくる。

→一遍にどっと転がり出てくるよりは、ひとりづつ 出てきて、空間をつくっていく。 
担ぐとき、もっと荷物を具体的にイメージしてわかりやすくする。小さいものを担いだ後に、 途中急に大きな荷物になったりなどしていたので、拾ったものを明確に。 
お互いを発見する。稽古でやったオブジェを使い、優しいイメージをもって群像をつくって いく。 
虫が身体を這っていく。虫は、からだから空間へひろがる。
貴美が台の上に這っていき、そこでなにか見つける。みんなにコンタクトをとり、みんなは また集まってくる。 

モールス信号のシーンへ。→貴美だけ抜けて、台の上へ、こちらへまっすぐに歩いてくる。 


→やってみて

text のチーム②は、なるべく小声で読む。
人同士のコンタクトはあまり近づきすぎず。もっと全体を認識する。
虫は最初は他人を這わせ、最後自分を這うようにする。
虫から物への展開が遅すぎた。
貴美、発見をしたら、一人一人にコンタクトを取らず、すぐに壁の方へ行く。そこにみんな があつまってくるようにする。

☆チーム⑧

・しばらくチーム内で動きながら相談。
通してやってみる。


・前半はよかったけれど、後半がまだ表現する身体になっていない。考え方はとてもおもし ろいけれど、すこし難しいことに挑戦してしまったかもしれない。 
・また、最後のストーリーが、この詩と会っていない気がした。


止めながら最初からやる→
・最初のシーンの手の重なり、例えすこしズレていても、直さずそれにあわせる。
・呼吸を深く、四人で合ったと思ったら歩きはじめる。
・シュウ・ロンジュン、別れるところ、もっとスピード早くわかれる。
自分の行く位置をいちいち見ない。
もっと考えないことに慣れる。
四人で四角形になるポジションに行く。
行った先では座る。
・合体しているところから、次のシーンへ移るとき、質をかえたい。
ただ、野暮に音を出さないように。


●イメージ●


台の上に四人が後ろを向いて一列になっている。
先頭のジア・イーが振り返り、ジェンチョ ン、ロンジュン、シュウも振り返る。四人の腕を重ねて、一つのオブジェになり、ゆっくり と歩きだす。 
歩いた先で止まり、顔をひとりずつずらした姿でとまる。
そこから、後ろのシュウ、ロンジュンが飛び出し、座る。

ジア・イーがジェンチョンを押すと、無重力にいるようにジェンチョンはゆられ、台の下へ いく。ジア・イーも降りて、舞台上に、四人で四角形の形ができる。 

四角形をつくったあと。ジア・イー(人間)、ロンジュンに向かって明確にコンタクトを送 る。ロンジュン(影)がジア・イーの動きを真似する。 
ロンジュン(人間)がジェンチョンにコンタクトをとる。ジア・イ―とジェンチョン(影) がロンジュンの動きを真似する。 
ジェンチョンがシュウにコンタクトをとる。ジア・イー、ロンジュン、シュウ(影)がジェ ンチョンの動きを真似する。 
シュウが(人間)の動きを三人は真似をする。

人間と影が遊んでいる。人をかえるとき、すこし質をかえながらつづける。
・あまり長くやりすぎない。質をちゃんと変えていく。
・影遊びのときは楽しそうに。

4人の影たちはしばらくフリーに動く。移動しながら、台のまわりにあつまる。四人、手を つないで台を挟んで円をつくる。連れていくときは楽しそうに。 
ジア・イーだけが中に入って台の上に、彼女を台のしたから支えるように、3人は円の形の まま、彼女と一緒に台の先まで歩いていく。 
先についたら3人は手を降ろす。
ジア・イーは後ろを向き、また後ろへあるいていく。その後ろをジェンチョン、ロンジュン、 シュウがあるき、はじまりのシーンの順番に並ぶ。 
4人は遊びに満足している。一緒に息をしている。


通してやってみる→
・はじめるタイミング、すごく選んではじめてください。
・振り返るタイミングは毎回変えて。
すごくシンプルだけれど、タイミングや動きを、毎回ちゃんと選択することを重ねていけば、よくなっていく。
もっとみんな楽しそうに。

☆グループ3
シャオイとのブラッシュアップ後、もう一度劇場へ。


鳥になる夢、というのは、鳥になれない人が見る夢。夢をみるには、なにか理由がある。
この物語には、2つのグループがあるようにしたい。
1つは鳥になるグループと、1つがた くさんのものを持つグループ。つまり、自由になるゆめと、失ってしまった好きなものを見 
る夢。
グループ3は鳥になる夢。
夢の質はそんなに軽くない。
現実も、もっと具体的にする。
説明する必要はないけれど、現実は行動になにかしら具体的な理由がある。もうすこし、そ れぞれ動きをちゃんと複雑にやる。 
ウェンミン。扉との関係。出る理由、そして、戻る理由がいる。なるべく、もっとシンプルに。
全体的にtoo muchにならない。
利用しようと思えばいろいろ使える、けれど、シンプルにやる。


☆グループ4

シャオイと啓子さんとのブラッシュアップ後
モーメントとしてはよくなった。
全体の展開としては、どういうことがおきているのか、隠 れてしまったかもしれない。 
この詩では到着した人は二つの夢を見る。
1つは鳥になる夢。1つがたくさんのものを持つ 夢。グループ4は、所持品の夢。失ってしまった所持品を抱えているというシーン。 

また、ひとりひとりが「やってきた人」なので、一人に絞ってその人のストーリーを描きた いわけではない。



午前中の創作②はここまで。
休憩をとり、午後の創作③へ

【創作③】
午後。

午前中にやった1つめのグループ(全員2つづつグループをもっている)はここまで。午後 は、2つめのグループのブラッシュアップをしていく。 


はじめ2のグループ。
スタジオで6のグループ、シャオイにいままでの経緯を説明して、ブラッシュアップしてい く。7は話し合い。 


☆グループ2
20分、~30分間、まずはチーム内であわせてみる。

最初からやってみる→
もっと使う物、やっていることを明確にする。
バスのシーンは、やるなら台をすべてバスとして使ってしまう。
呑むシーンも、もっと具体的に、+αでなにか要素がほしい。
みんなに語り掛けるシーン、台の手前ではなく、もっと奥の方がいい。
わかれてから、それぞれが好きなところに立つ。
ミラだけが、台の上に残る。台の前まで歩いていく。
そして、ミラの後ろについていきたい人はついていく。
基本的に次のシーンを作った人が、最初に動きだす。

☆グループ6

観せるまえに、すこしだけチーム内であわせる。
ひとつだけ、足の音がとてもうるさい。
明確ではない、普通の身体から出る音が多すぎる。
舞台上の身体になっていない。
とくに、今回の台の高さは、ある程度は高いので、演技しなければ降りられないはず。



はじめからやってみる→
・2階でブラッシュアップする前のオリジナルを、もう一度やる
・両方とも、猫が外で鳴いている理由がよくわからない。
鳴くとしたら、タイフォンが自分でひとりで鳴くのであればわかる。が、他の人たちがまわ りで鳴くのがよくわからなかった。 
・タイフォンの朗読にあわせてやるのであれば、彼は演技をしないほうがいい。
・最初の位置関係はオリジナルの方がいい。ブラッシュアップ後のほうがデザインはされて いるが、イマジネーションがわかない。観客には、寝ていることしか伝わらない。 
到着した初日につかれて寝ている、というのがわからない。
・自分がやるのではなく、つくったキャラクターで演じる。
・タイフォン、朗読にもいろいろなバリエーションを、質をかえていく。
タイフォンが舞台上にでてくる。そこに他の人達もでてきて、静かに寝る。
皆の寝息がきこえてきたら、朗読が聞こえてくる。
そしてまわりもゆっくりと目が覚めてゆく。
・目が覚めるタイミングは自分で選ぶ。この詩の朗読とあっていなくていい。
・大事なことは目が覚める。起き上がる。「初めてきたところだ、ここはどこだろう」。
・そして起き上がり、寝ていた跡を消す。
猫がきたら、タイフォンがミャオ、という。この声には全員反応してもいい。
タイフォンは読み終わったらば、昨日自分が寝ていたところを振り返る。

☆グループ7


少しの間チーム内でかえして、一度通してみる→
基本的には、一昨日のオリジナル通り。

・そもそもテキストからどうやってつくったか?
text からいくつかの言葉をピックアップしました。
「手紙」「情報」
現在人類は携帯に頼りすぎている、原始的な方法で伝えることをしていない。
将来もこれが発展して森林は破滅し人間は滅び、ロボットだけが生き残る世界になる。
もしくは、なにも思考しなくなった、ロボットのような人間だけになる。


→このチームだけは、はじめから考え直したい。
表現がすこしチャイルドすぎる。わざと、そのことを皮肉にしているならいいが、まじめな テーマを扱う時に、ロボットやテクノロジーをこうして使うのはむずかしい。 
メディアが舞台上にでてくることに、とても平凡なものを感じる。
みんなが舞台で体験している事と、観客が体験していることが、あまりにも違う。


この手紙の内容は 、自分もいつかはそこへ行って、あなたの森の中を歩くこともあるでしょう。という、 どこか死を思わせる、すこしマイナスな雰囲気のある手紙。 
すこし複雑だけれど、信さんのなかではプラスのイメージをもっている。
これを書くことで、もうすこし自分は生きていこう、とつづいていく。
あるいは、手紙を書くがそれを出さず、持ってまだ生きていく、という続き方。
しかし同時に、過去や沈んでいる森への恐れや怒りも持っているので、みんなのキャラクタ ーに結びつける。 


・紙に、各々の過去の大切なものへ手紙を書く。3行くらいで簡単に書く。これは、別れの手紙である。

・書き終わったら、立つ。
・4つ朗読がおわったら、その紙を交換する。一番信用できる人に。均等にいきわたってい るかは気にしなくていい。 
・それぞれが持って、それぞれ手紙を届けに行く。その間中、設定した人物であるように。

2019・7・31
【創作④】

☆ウォーミングアップ
☆昨日のエバレーション

☆シーン1
全員で行うシーン1についてのインフォメーション。
全員が「やってきた人」として舞台上へ現れる。
舞台下奥の扉から、全員が出てくる。この時は、またそれぞれ自分自身でいい。
そして、スクリーンをまっすぐに見るように、客席に背中を向けて座る。
全員が座ったら、スクリーンの動画が動き出す。
ひとりづつ、舞台の台奥へ行く。このとき、タイミングはそれぞれのタイミングで。感覚を 均等にしようとか、前の人と被らないようにとかは気にしなくてもいい。 
そして、台奥に立ったところから、「やってきた人」のキャラクターになって、台をまっす ぐ歩く。 
台から降りたら、そのキャラクターとして座る。前と姿勢をかえて。スクリーンはできたら 見ない方がいい。

【ブラッシュアップ】


☆グループ2

・まず、一つの動作をつくったらば、ぬるっとおざなりにつなげていかないで、きちんと止めて、つなげていくこと。
・かくれんぼの場所、使うものが決まってしまっている。また、探す人は、見つけちゃんた ら見つけてしまってもいい。 
どのくらい動きを見せて、次へ変化させていくかを考えながら。
タイミングは自分で決めていく。

・バスのシーンの位置。
詩が始まったら、それぞれ動き出す。ハンドルを動かす前に、つり革を掴む前に、キャラク ターを確かめる。「運転手が運転をしている」という言葉を演じない。 

・仕事
台を机のようにして、何かを書いたり、つくったりしている。この時、手をかえるだけにな らず、身体の質もかえる。 
台の上に登って、雑巾をかけるようにこする。

・呑み
パントマイムにならないように。

・かくれんぼ
寺越、1…2…3…と数を数えはじめる。3 人は隠れるところを探す。
集まって、「あーそーぼー」と、子供のころの合言葉のように、くりかえす。

☆グループ3

・音楽を流すので、全員が鳥になったつもりで動く。

→鳥と現実の人間を分けない方がいい。目が覚めたら、人間のつもりで、起きている夢を見 る。「鳥になりたい…」 

地面から飛び上がる瞬間をちゃんとつくる。鳥だったらばすぐに TAKE OFF するだろう、
しかし、みんなは時間がかかる。もっと広いところに、いい所にいきたい、と飛ぼうとする。
→飛んでいる内にみんなを発見する。
→そして鳥は群れて飛ぶ。音をたてないように

・シーンへの入り方。
まず、始まりの時点で全員舞台のどこかにはいる。
みんな立ち上がり、後ろを向いたら映像がスタート。
タイトルの画面が終わったら、ウェンミンが振り返り動き出し位置につく。それぞれ位置に着 く。 

☆グループ4

スタジオで稽古したものを、一度やってみる。
→詩のイメージと、パフォーマンスが少し離れすぎているかもしれない。
こういう作り方をすると、即興性が、おそらくなくなってしまう。段取りが多すぎるかもし れない。 

シーンへの入り方。
・はじめ、舞台には既にいる。立ち上がって、スクリーンをみる。壁にむかって歩き出す。
全員背中を見せて後ろの壁沿いに並ぶ。
・そこから、「向こうになにかあるかもしれない」と気が付いた人が振り向いて希望、所持 品をみつけ、ころがって入ってくる。 

※この時、だれから入ってくるかは、その時々自分で決める。

・誰かが振りかえったことに気が付いたら、他の人も後ろを向いてみる。自分達もその希望 を見つける。 
・全員そこにむかっていこうとする。そこで途中自分の近くで違うものをみつけ、拾い上げ る。 
テンポ遅くなりすぎない。息をする。足音に気を付けて。
・拾い上げるが、飛んでいってしまう。ふわーっと、「ああ…飛んで行ってしまった」もっ たいなくてずっと見ている。 

この時、タイフォンの物だけが動いていて、追いかける。台の上から、下を覗き込む。

・→オブジェのシーンへ。
・その後、各々また所持品をみつける。それらを広い、壁へ。
→モールス信号のシーンへ

☆グループ6

・タイフォンの動くタイミングを確認。
「右に曲がって 15 歩、一回休み」
・はじめは全員舞台上にいる。映像が始まっても、しばらくはスクリーンを見ている。
・タイフォンが動き出す。歌いながら、舞台上の位置へいく。それぞれ動き出し、各々タイ フォンを囲うように寝る。中心に立って歌うタイフォン。 
・朗読がはじまり、タイフォンは台のほうへ移動する。
・みんな起き上がって、自分の眠った跡を消す。そして舞台上を歩いていく。
・タイフォンの猫の声。猫の鳴き声だけには反応する。歩くことはつづいている。
・砂に触って、自分の眠った跡を再び確かめる。
・スクリーンを見て、立ち上がる。壁際に沿って並ぶと、下に沈む。
・映像と身体で遊び始める。最初に出す部位は足のほうがおもしろい。
それから、どんどんと手や、顔を出して、身体で遊んでいく。

☆グループ⑦

前に並んでスクリーンをみている。
タイトル、重なった画面になったら動き出す。
それぞれプリセットしていたノートを取り出し、オブジェのように集まって、手紙を書く。
書き終えたら、みんなバラバラになる。そして、それぞれの場所に座って、手紙を読み上げ る。 
台の上にまた集まる。手紙を読み続けながら、連なって、台の前まで歩いてくる。
台から降りても、しばらく一列で歩いている。途中止まってオブジェのようになる。

客席に向かって、歩きながら手紙を読む。ノートに挟んであった、紙を観客に渡す。
各々バラバラのところに座る。
そこでまたスクリーンを見つめる。
一見振り付けの決まったシーンのように見えるかもしれないが、だからこそ即興の要素をちりばめる。 

・歩くコース
・タイミング
細かく大切にしていく。

☆グループ8

スクリーンを見て立っている。
詩が始まったら、動き出す。
台の上に集まる。ジア・イー、ジェンチョン、ロンジュン、シュウ。
前から振り向いてくる。 
腕を広げ、四つの腕がすこしずれて重なる。
静かに歩いてくる。
前から順に、顔をずらす。4つの顔が並ぶ。
後ろから、列から飛び出す。いままでと質を変えるように。4 人がバラバラになり、四角形 になる位置へいく。 


→影遊びのシーン
ジアイーとロンジュンが遊んでいる。ロンジュンがコンタクトをとばして、皆も一緒に遊ぶ。
遊びながら時々台にたっち!一番遅かった人にでこぴん。
四人が手をとって、四角をつくる。仲良しのように。しばらく四角のまま歩く。
ジア・イーが四角の中にはいる。一度、前に進んで、台の奥へ歩いていく。
初めの順番通りに、順に 3 人も後を歩く。
背中向きで、最初のポーズ。
最後は客席から横顔が見えるように、横向き。どこをみるかは、あらかじめ決めない。

【夕食後】

予定では、シーン5、9の作成でしたが、作ったグループのシーンを他のグループの人が舞 台上にいるなか軽く返します。 

・シーン1 確認。座る人はアクティングエリアをなるべくあけるように。
アクティングエリアをできるだけ邪魔しないように。

本番間近になり、いよいよ本格的なクリエイション時間でした。
この後も、じっくりとねりあげ、詰める時間を設け、場当たり、ゲネプロへと続きます。 
最初のころの記録を見ると、上演した物とは全く違うところが多々あります。
常に変化しまがらの稽古であり、いつも新鮮な現場はアップデートを繰り返しています。
上演したものが最終形というわけでもないでしょう。
更新中の、一番あたらしく新鮮で、最も考えられた時間の長いものを、お見せできたと思い ます。 
以上が、創作のクラスの記録でした。
次回からは、創作へとつながったワーククラスを受けもっていただいた、講師の方々のワー クショップを紹介していきたいと思います。

WHARF workshop 2019

アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手 のための「波止場のワークショップ」 “The Wharf Workshop” for uprising figures who will lead the future of Asian Performing Arts 「码头工作坊」参与亚洲舞台艺术的人为对象

0コメント

  • 1000 / 1000