波止場のワークショップ 2019

2017年6月に横浜の下町に誕生したアートセンター「若葉町ウォーフ」では、アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手を対象にした「波止場のワークショップ」を開催します。「若葉町ウォーフ」が掲げる三つの基本理念、

SHARE(分かち合う) /NETWORKING(つながる)/TRANSBOUNDARY(越境する)

のもとに、アジア圏を中心に、いま生まれようとしているあらたな国際的な舞台芸術シーンを担う次世代表現者の育成とネットワークづくりを目指す、20日間の滞在型の研修プログラムです。


"The Wharf Workshop 2019" Open-Call for Participants

Wakabacho Wharf, an art center founded in downtown Yokohama in June 2017,is holding “The Wharf Workshop” for uprising figures who will lead the future of Asian Performing Arts.Under Wakabacho Wharf’s three basic principles,

SHARE/NETWORKING/TRANSBOUNDARY

the “Wharf Workshop” is a 20 day residential program aimed towards training and creating a network of next-generation artists that will lead the international Performing Arts scene.


「码头工作坊 2019」招生简介

SHARE(共享)/NETWORKING(网络)/TRANSBOUNDARY(跨界)

2017年6月,在横浜市的小巷里诞生的艺术基地「WAKABACHO WHARF 若叶町码头剧院」,以参与亚洲舞台艺术的新血为对象,2019年今夏再度开办「码头工作坊」。这个工作坊是以「共享」,「网路」,「跨界」的「若叶町码头剧院」的三个理念为基础,培养以亚洲为中心的舞台艺术表现的新进人材,同时构筑艺术家间的交流网络为目的的同居共宿的20天的修练课程。