A Yagnya(Singapore)は書きました

シンガポールから三人目の応答です。A Yagnyaさん、陽気な笑い声と笑顔、あたたかな人間的エナジーにあふれた演劇活動家でした。日本での英語教師としての活動歴もあり、日本語、英語を自在に行き来しながら、今回のワークショップでは、参加者同士のコミュニケーションの仲介役としても活躍しました。しかし、根はかなり頑固。そこがいい。

(応答の日本文も、Yagnyaさん自身によるものです)


ワークショップの良かったところ

Positive point about the workshop-

ワークショップのいいことは、難しかったことです。

いろんな意味で、私は自分にチャレンジして、やったことがないことをやってみて、自分のエゴと向き合い修正しました。

動けないと思ったのに動きました。演技できないと思ったのに演技しました。

自分と全く違う人とコラボもしました。

いろんな人と、いろんな文化と、いろんな言語と、いろんな人の意見を聞こえて、作品を作れて、嬉しかったです。

それで、将来にもこういう風にコラボができたら、ワークショップで習ったいろんなコミューニケーションの技を使ってみたいと思います。

Less Talking, More Listening :D

The good thing about the workshop was that it was difficult.

In many ways, I challenged myself, did things I’d never done before and pushed down my own ego.

Even though I thought I couldn’t move, I moved. Even though I thought I couldn’t act, I acted.

I also collaborated with people who were totally different to me.

With different people, with different cultures, with different languages, being able to hear various people’s opinions, I was happy to make performance.

And in the future, if I can do this type of collaboration work again, I’d like to use the communication methods I picked up here.

Less Talking, More Listening :D

ワークショップの悪かったところ

Negative points about the workshop-

そうですね。。。あんまりなかったと思いますね。。。

えっと、ワークショップ自体のことじゃないんですけど、やっぱりみんなと20日間住むといろんな人の癖が出てくるので、私の癖も出てきたんでしょう。

人の話し方、人の座り方、人の食べ方。。。色々気づいてきました。

そして、2週間目かな?私の歯磨きペーストが誰かに間違えて取られて、3日間後は戻ってきました。

「変だな。。。」ってずっと思いました。

やっぱり、自分の親とも24時間を過ごしていないので、初めて会う人と20日間は難しかったけど。。。。でも、あんまりもこれは悪い点でもなくてむしろ面白い点でした。

Hmm…There wasn’t really much of a bad point about this workshop.

Em, maybe this isn’t so much a note about the workshop itself, but it’s to be expected that when you stay with all these people for 20 days, different habits are sure to come out.

I’m sure mine emerged as well.

The way people talk, the way people sit, the way people eat…you notice various things.

And I think it was the second week? My toothpaste was mistakenly taken by someone and it came back about 3 days after that.

I found it so weird the whole time.

Since I don’t even spend 24 hours with my own parents, to spend 20 days with people you meet for the first time is difficult…but it was more of an interesting point than a negative point.

ワークショップについての質問

作品を作るときコラボする人たちの間に必ずテンションと反対の意見がなければいけない。

そういう時にそのテンションを無視せずに、どうやって作品を作れるんですか?

この質問に答えを探しているっていうことよりも、今自分の作品を作りながらこれについてもっと考えたいと思います。

この質問への答えは、常にコラボする相手によって変わると思います。

When creating a work, there must always be a certain amount of tension or difference of opinion between collaborators.

At that time, how can we create the work without ignoring the tension?

Rather than searching for an answer to this question, I think I want to keep this question in mind as I make my own works.

Also, I think the answer would differ depending on the person I collaborate with.

提案

Suggestion-

通訳の方がさらに大変になると思いますが、もっと多様性があるグループがあればもっと面白くなると思います!

コミュニケーションが難しくなるほど、混乱して、頑張って作品を作ることになるでしょう。

例えば、国々の多様性だけじゃなく、音楽の専門の人とか、美術の専門の人とか。。。インターカルチュラルだと思います。

I think my suggestion would make translation more difficult, but if the group were more diverse, I think it would be more interesting!

And as the communication grows to be more difficult, there would be a struggle to do our best to make a work.

For example, not just a diversity in the countries participating, but also musicians and artists could be invited…that too is intercultural, I think.

_________________________________________ワークショップ終わって悲しいけど、そこで習ったものを今使ってみているのでワクワクしています。

また会うまで、お元気で!

WHARF workshop

アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手 のための「波止場のワークショップ」 “The Wharf Workshop” for uprising figures who will lead the future of Asian Performing Arts 「码头工作坊」参与亚洲舞台艺术的人为对象

0コメント

  • 1000 / 1000