卫蔚 (重慶)のまとめ

重慶から参加の卫蔚は、公共施設の職員として子ども対象の事業に取り組むかたわら、民間劇場「303戯劇センター」の運営にも携わっています。本業は演出と女優と笑っていましたが、もちろん充分に納得できる資質を備えた魅力的なキャラクターでした。他にも、料理や手仕事にも優れ、打ち上げの日のコース料理は絶品(ただし激辛!)でした。彼女が全期間を通して坦々と記録しつづけていたノートと動画画像は、是非一度、見せてもらいたいと思っています。


1.哪个部分你觉得好?

a.同吃同住。 

一緒に寝泊まりし、一緒に飯を食った

b.不以某一种语言作为主流语言。

一言語を主流としなかった

c.与肢体有关的工作坊,特别是现代舞。(因为身体是非常高级的创作材料和厉害的武器)

身体関連の授業、特にダンス(身体はとても上質な創作材料で強い武器になるから)

d.工作坊对艺术创作包容的理念。 

WSの芸術創作に対する理念

2.哪个部分你觉得要改良?

a.理论和能剧工作坊的授课内容的主题目标可以再明确些和增强。

理論と能楽WSは内容と主題をもう少し明確かつ増強してほしい

b.参观较大剧场时与剧场的交流不仅限于参观硬件,可考虑留多一些时间用作运营人就剧场运营方面做一些分享和解惑。

大劇場参観と劇場交流は参観というハード面だけでなく、もう少し時間をとって劇場を運営する人たちと運営に関して考えを分かち合いたかった。

3.提问

有可能将“码头工作坊”以同样的时间,以同样的形式,由makoto带领在日本不同的城市或其它国家开展吗?(如果条件允许)

条件が許せば波止場WSと同様の時間、同様の形式で信さんが日本の他の都市や他の国で開催することはありますか?

4.建议

a. 建议可以增加亚洲其他国家的学员,例如韩国,或中国香港和台湾。

アジアの他の国、韓国や香港、台湾も加えたらどうだろうか。

b. 希望加入舞踏工作坊。

ダンスの授業も加えてほしい。

c. 可考虑增加各国学员交换各国传统艺术文化形式的工作坊。

それぞれのメンバーが自分の国の伝統文化を伝え合う授業があっても良いと思う。

d. 建议次年的创作工作坊能联合中日新三国资源增加影响力,为吸引更多青年艺术家建立基础。

来年のWSは中日シンガポール3ヶ国の芸術資源の影響力を増し、基礎を学びたい若い芸術家のさらなる注目を集めたいと思う。

WHARF workshop

アジアの舞台芸術にかかわるあたらしい担い手 のための「波止場のワークショップ」 “The Wharf Workshop” for uprising figures who will lead the future of Asian Performing Arts 「码头工作坊」参与亚洲舞台艺术的人为对象

0コメント

  • 1000 / 1000